頭痛どうする.com

つらい頭痛よさらば

頭痛チェック!あなたは危険かもしれない

頭痛の危険度!

頭痛の種類は危険度でわけると、「一次性頭痛」と「二次性頭痛」にわかれます。「一次性頭痛」は特に危険なことはなく、一時的なものが多いです。

目の奥やこめかみにズキンズキンと痛みを感じる周期的な「片頭痛」、デスクワークなど座る作業のあとに、肩こりと同時にぴりっとした痛みや、頭の外に軽い痛みがあったりする「緊張型頭痛」、目の奥がえぐられるような、頭を強く打たれたような激しい痛みが伴う「群発性頭痛」と大きく3つにわけられます。

☆お勧め☆病院でもなかなか良くならない頭痛…ゆがみのせいかも?高松市 香西整骨院にご相談ください。

「二次性頭痛」は危険です。

それに対して、危険な病気に関わっているかもしれない頭痛が「二次性頭痛」です。

頭を金属バットで殴られたような急な激しい頭痛、時間がたつにつれだんだん痛みが増してきて、一向に回復しないなど、今までなかなか経験したことがないひどい頭痛が襲ってきたときは要注意です。

たとえば、くも膜下出血です。

これは脳の血管が炎症を起こし、膨張していき、最終的には脳が大出血するという、恐ろしい病気です。

膨張する最初の期間は、片頭痛と似た比較的軽い頭痛が起こります。

これは2、3日くらいで治まることもあります。

しかし、これを放っておくと、炎症部分がどんどん肥大化していき、血管が破裂する2週間前くらいは、今まで経験したことがないようなひどい頭痛に襲われます。

次に、椎骨動脈解離です。これは、首の後ろにある、椎骨動脈が炎症を起こすことで起きる病気です。

同時に後頭部に緊張型頭痛のような痛みか伴います。

ですが、この頭痛に特徴的なのは、首の片方だけが痛むということです。

なかなか他の頭痛では、片方だけが痛むことはありません。

これはちょっとした首のひねりから起こったりしますから、なかには首を痛めただけだと勘違いするひともいます。

まず、医師に相談が大事。

ここで大事なことは、異常を感じたら、すぐお医者さんに診てもらうことです。

血管が破裂して、大参事になるまえに、早期の治療が大切です。

また、血管の膨張は、高血圧からくるものですから、日頃の生活習慣を見直すのもいいでしょう。

おすすめ治療院

・ 相模原 マッサージの州凰堂治療院
20年以上の施術経験であなたの健康、そして夢を応援します。

・ 佐世保 整体サロン長崎
ご夫婦でされているこちらの院は、技術はもちろんのこと、本当に暖かいアットホームな場所です。

・ 神戸市 桜が丘整骨院
ユーモアあふれる先生と、笑顔いっぱいの整骨院。よくチャリティイベントもされていて、本当に尊敬する先生です。

・ 埼玉 リハビリFunctional Recovery Space 志高 理学整復院
理学療法士免許取得、介護支援専門員も務めた院長の施術は、本当に安心できます。

公開日:
最終更新日:2015/03/25